稲垣大輔の徒然なる毎日

東京在住、某メーカー勤務のサラリーマンが、医薬品や健康食品などの仕事にまつわる話や趣味などについて徒然なるままに書き連ねるブログです\(^o^)/

【寒暖差に注意】かぜの意外なお話

こんにちは、稲垣大輔です。

最近、昼夜の温度差が大きいですよね。

例にもれず、私もかぜをひいてしまいました。

「えっ、薬剤師なのに…?」と思ってしまうのは野暮ってもんですよ(笑)

体調管理をしていてもひいてしまうときはひいてしまうもの。

というわけで、今日はかぜについての雑学や治し方を書いてみようかなと思います。

 

かぜを治す薬は存在しない

これだけ見ると衝撃的ですよね。

そもそも、かぜの原因の8割はウイルスによるもの。

細菌による感染や、冷気・乾燥・アレルギーなどの非感染性のかぜは、たったの2割。

そして、原因となるウイルスの種類は200種類以上もあるんです。

200種類以上のウイルスに共通して有効な物質なんて想像つかないですよね。

実際、ウイルスによって活動環境が全然違うため、これらに適した物質はありません。

なので、一般的に「かぜ薬」とは、かぜそのものではなく、かぜの諸症状(くしゃみ、鼻汁、咳、痰など)の緩和を目的として使用される医薬品のことをいいます。

ちなみに、かぜを手っ取り早く治すには、自己免疫力を駆使するのが最適。

むしろ、かぜ薬を使うと治りが遅くなるので、安静にして栄養と水分をしっかり摂るほうが圧倒的に治りが早いです。

 

かぜの症状に抗生物質は効かない

「病院でいつももらってるのに?」と思う方も多いかもしれません。

抗生物質は「細菌」に対して効果のある物質であり、ウイルスに対しては効果がありません。

なので、かぜに対して抗生物質は基本的に意味がないんです。

ただ、医者としては、「かぜによって二次的に感染症が出てしまったときの保険」として抗生物質を処方している人もいるので、一概にダメとは言えないのが現実だったりします(それが原因で訴えられても困るので)

医者のなかには、「今までそうしてたから」と慣例的に処方する人や、「そのほうが儲かるから」と考えている人もいるもんだからタチが悪いんですけどね(笑)

 

「胃腸かぜ」はかぜではない

かぜは、「上気道の急性炎症」の総称で、胃腸の症状は関係ありません。

なので、熱が出たりすると同時にお腹が痛くなった場合、ウイルスが消化器に感染したことによる「ウイルス性胃腸炎」である場合が多いのです。

ただ、症状がかぜと似ているため、「胃腸かぜ」や「お腹にくるかぜ」と呼ばれたりします。

 

いかがでしたでしょうか?

「大事な会議のために、今すぐかぜの症状をおさえたい!!」などというとき以外は、かぜ薬には頼らないほうが絶対的にいいです。

十分な睡眠と栄養・水分を摂ることを心がけましょう。

ではまた明日。

【今日は旅の日】Google Earthを使って旅行しよう

こんにちは、稲垣大輔です。

今日は松尾芭蕉奥の細道に旅だった日ということで、「旅の日」なんだそうです。

ニュースを見て「そういえば最近旅行に行ってないなぁ」と思ったので、今日は自宅でもできるお手軽旅行をご紹介しようかなと思います。

 

Google Earthを使って旅行気分を味わおう!

記事タイトルですでにネタバレしているのですが、Google Earthを使えば自宅にいても旅行気分を味わえるんです!

はい、そこ! 「寂しい人だ」とか言わない(笑)

会社勤めである以上、長期休暇でもとらない限り海外旅行とかなかなか行けないじゃないですか。

そんなときに文明の利器を活用するに越したことはありません。

Google Earthを使えばその場にいながら各地の風景を楽しむことができるんです(稲垣はGoogleの回し者ではありません)

 

プロジェクターを使うと臨場感アップ!

そうはいっても、スマホやPCだと「画面の向こう」に景色が見えるだけ。

そんなときにはプロジェクターの出番!

プロジェクターを天井に向けるのがポイントです。

寝転がりながらプロジェクターに映し出された景色を見たら、まさに「その場に自分がいる」感覚を味わうことができます。

稲垣はこれを駆使しして、自宅にいながら地元を散歩するという、「だったら帰省すればいいじゃん」と突っ込まれること間違いなしの行動をしていました(笑)

 

VRを使うとさらにすごいことに!?

ただ、残念ながらVRの装置を持っていないため、実施することができませんでした。

どなたか実践した方がいたらぜひ感想を教えてください(笑)

 

最近のIT技術の革新は本当にすごいですよね。

近いうちにマトリックスみたいな状態になっちゃうかも?

ではまた明日。

【こんな表現見たことないですか?】化粧品あるあるのお話

こんにちは、稲垣大輔です。

突然ですが、スキンケアちゃんとしていますか?

某株式会社で販売されている某化粧品に関する案件を取り扱っていたので思わずきいてみました(笑)

ちなみに「某株式会社で販売されている某商品」という表現、何気に2回目なんですけど、個人的にこの言い方好きなので、これからも多用しようと思います(謎の宣言)

 

化粧品の定義とは

化粧品は医薬品医療機器等法でちゃんと定義されている分野です。

堅苦しく書くと「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪を健やかに保つもの」

ものすごくざっくり書くと「人を表面的に美しくするもの」といえるでしょう。

薬みたいに身体の構造や機能を変えるものではないので、人を容器に例えるなら、化粧品は容器のパッケージデザインに該当するといえるかも。

だからこそ、薬事的に「これはダメでしょ」という表現もそれなりに有名なメーカーでも見られることがしばしばあります。

 

「角質層の奥へ浸透」はNG?

インターネットの化粧品サイトでよく「○○化粧水は、角質層の奥へ浸透します」みたいな謳い文句を見たことありませんか?

あれ、完全に薬事的に違反している表現なんです。

法でしっかりと「化粧品の成分が浸透するのは角質層まで」と決められているんです。

ちなみに、「肌へ浸透」や「肌の奥深くへ」も実はNGだったりします。

 

「肌へ浸透」はなぜNG?

結論からいうと、「肌のどこまでなのか」が明記されていないからです。

肌の構造は、人体の外側から「角質層」→「顆粒層」→「有棘層」→「基底層」→「真皮」→「皮下組織」で構成されています(角質層~真皮までを「皮膚」と呼びます)

角質層は人体の表層部分であり、「肌へ浸透」だと「角質層」と捉えることが難しいためです。

メーカーの方はどうしても「もっと奥深くまで浸透すると言いたい!」らしいのですが、完全に違法表現なので懇願された場合は「行政指導が入ってもいいならOKですよ(満面の笑み)」とお断りをしてみたり(笑)

 

薬事はメーカーにとって「最後の砦」な部分でもあるので、そこがしっかりしているメーカーの商品を購入したいなぁと個人的に思ったりしています。

「中身も外見もちゃんとしている」という証ですし。

 

なんだか久々にまじめなことを書いた気がする…(笑)

ではまた明日。

【今日はご当地キャラの日】ゆるキャラには定義があるらしい

こんにちは、稲垣大輔です。

昨日に引き続き、今日は「ご当地キャラの日」だそうです。

「ご(5)当(10)地(1)」からきているそうなのですが、「地(1)」のなかなかのこじつけ感(笑)

実は何気に365日必ず何かしらの記念日が制定されているので、何かおもしろそうなものがあったらルーツ調べてみたりしようかな。

 

そんなわけで、今日はゆるキャラについて書いてみようかなと思います。

 

ご当地キャラゆるキャラは違うらしい

ゆるキャラご当地キャラ」だと思っていたんですけど、厳密には違うそうです。

ゆるキャラ:ゆるいマスコットキャラクターの略

ご当地キャラゆるキャラのなかでも特に地域のPRを目的としたもの

なんですって(By ウィキペディア

ゆるキャラのほうが範囲が広いのか…知らなかったです。

ちなみに、「ゆるキャラ」という名称は、株式会社扶桑社とみうらじゅんによって商標登録されており、勝手に商標を奪われて第三者にグッズを独占販売されるのを防いでいるんだそうです。

みうらじゅんさん、ビジュアルがなかなかパンチがきいていますけど愛情溢れるいい方なんですね(稲垣は芸能にかなり疎い人です) 

 

ゆるキャラ三か条というものがあるらしい

どうやらゆるキャラに認定されるには三か条があるそうです。

それがコチラ。

1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
3.愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。

あれ…? やっぱりご当地キャラと同じなのでは??

うーん、よくわからなくなってきたので考えるのをやめます(笑)

この三か条があるから、オカザえもんとかメロン熊のような強烈なキャラが生まれているんですね(笑)

小さな子供は初見で大泣きするかもしれないですが、個人的には好きです。

 

ゆるキャラ政見放送というものがあるらしい

ゆるキャラグランプリhttp://www.yurugp.jp/)を見ていたら、「ゆるキャラ政見放送」というものがあるそうです。

2017年はカパルというキャラが優勝したらしいのですが、動画を見ることができず…今年の政見放送に期待MAXだったりしています。

何かものすごくおもしろそうなにおいがするんですもん(笑)

ただ、代わりに別の政見放送を見つけたので記載しますね。

「貞子vs伽椰子」総選恐 貞子 政見放送 - YouTube

「貞子vs伽椰子」総選恐 伽椰子 政見放送 - YouTube

シュールすぎてやばかった(笑)

 

最後の最後でゆるキャラと真逆の内容を書いてしまいましたが、なんやかんや日本って平和だなぁと思う今日この頃でした。

ではまた明日。

【今日はメイドの日】語呂合せの威力

こんにちは、稲垣大輔です。

今日5月10日は「メイドの日」らしいです。

5月(May)と10(ド)でメイドとのこと。

日本語と英語のコラボレーション語呂合せとはすごいですよね(笑)

 

そんなわけで、今日は語呂合せについて書いてみようかなと思います。

 

みんな大好き語呂合せ

かくいう私も語呂合せには学生時代からお世話になっています。

有名どころだと「鳴くよ(794)ウグイス平安京」とか「白紙(894)に戻そう遣唐使」といった歴史の年号は今でも覚えています。

中でも印象的だったのは「平清盛いい胸毛(1167)」(笑)

平清盛太政大臣になったのが1167年だったということなんですけど、「太政大臣」のニュアンスどこにもないんですが…(笑)

 

自作の語呂合せ…やりましたよね?

私はやりました。

それはもう自分で語呂合せの本つくって販売できるんじゃないかというくらいつくりました(笑)

ほとんど試験が終わると同時に忘れていったんですけどね。

自分しか理解できない語呂合せとかも多々あったので、そう考えると世の中で広まっている共通の語呂合せってすごいなぁと。

 

薬剤師の世界でも語呂合せはあります

薬剤師の国家試験って、とにかく覚える系が非常に多かったんです。

成分の名前、効能・効果、作用メカニズム、副作用、相互作用、法律などなど…本当に二度と受験したくないレベルで(笑)

なので、とにかく語呂合せで暗記しました。

今でも覚えている語呂合せは「どうせあっしはインド人」(笑)

自分でつくったものなので、初見では「何これ?」かと思いますが、これはDIC(播種性血管内凝固症候群)の原因となる医薬品を並べたもの。

・どうせ→ドセタキセル

・あっし→アシクロビル

・インド人→インドメタシン

・どうせあっし→どうせあたし→Douse (どうせ)I(私)→DIC

というなかなかのこじつけでつくったものです(笑)

これをなぜいまだに覚えているのかというと、その年の国試に出たんです!

「やった!1問もうけた!」とガッツポーズしたのは内緒(笑)

 

そんなわけで、メイドの日から派生した語呂合せの話、本当はもっと書けるんですけど、書き出すととまらない&恥ずかしいということがわかったので、ここでやめておきます。

みなさんの語呂合せも聞いてみたいです。

 

ではまた明日。

【数字のカラクリ】マスクの雑学

こんにちは、稲垣大輔です。

先週はほぼ飲み続け、今週はほぼ揚げ物生活という、何とも健康的な(大嘘)生活を送っています。

某ドラッグストアにて、某株式会社から販売されている某マスクの「0.1μm微粒子を99%カット」という文言を見て、マスクについての雑学を書こうと思いながら完全に忘れていたことを思い出しました(笑)

というわけで、「今日からこれであなたもマスク博士!」とまではいかないですが、それっぽいことを書いていこうかなと思います。

 

ちなみに、以下の内容は「ウイルス」や「菌」を対象としたマスクの話なので、花粉などは機会があれば書こうかなと思います。

 

マスクに書いてある「微粒子○○%カット」の意味は?

最近のほとんどのマスクに記載されているこの文言、どういう意味で捉えていますか?

一般の目線で考えると「99%カットするということは、かぜのウイルスとかを99%も遮断してくれるってことだから素敵!」となるんじゃないかなと思います。

ただ、この数値、実はそういう意味ではないんです。

 

数値はあくまでもフィルターの性能

数字を出そうとすると、必ずテストを行わないといけません。

詳細は割愛しますが、マスクに使うフィルター(布部分)に対して微粒子を通して、その捕集能力(カット性能)を調べるわけです。

すなわち、「○○%カット」は「布部分」の性能であって、「マスクそのもの」の性能ではないんです。

 

マスクは隙間がたくさん

マスクを装着するとき、顔の皮膚と隙間なくびっしり貼り付けて装着できていますか?

そんな神業ができる人はまずいないですし、必ず数mmの隙間がそこらじゅうにできると思います。

もうおわかりですよね。

布部分を通ろうとする微粒子はカットされるのですが、隙間からはそのまま入り込んでくるわけです。

なので、「微粒子の捕集能力が高いからコレを買おう」というのはあまり意味がないのです(マスクをすることで、吸い込む微粒子の割合が多少変動する程度)

 

じゃあ何故マスクが必要なの?

答えは簡単。

「感染した人の飛沫が飛ばないようにするため」「口元を加湿するため」です。

かぜやインフルエンザなど、飛沫感染するようなものでは、感染者がマスクをすることで周りへの感染率を下げることができます。

「飛沫」は、唾などにウイルスが混ざって飛んでいくためマスクで防げる、ということなのです。

口元の加湿は言わずもがななので割愛しますね。

 

最後に

あくまでもこれらの話は「ウイルス」や「菌」を対象とした話です。

花粉などの比較的大きい粒子であれば、当然マスクによる効果も高くなります(過信は禁物ですが…)

メーカーもそれをわかったうえで「三次元型」とか「立体型」のような、より密着性の高いマスクを売り出しているので、TPOに応じてマスクを選択するといいかもしれません。

 

久々のまじめ話でした。

ではまた明日。

牛カツってこんなにもおいしかったのか…!と思った話【ただの感想】

こんばんは、稲垣大輔です。

大絶賛GW満喫中です(笑)

ざっくり振り返ると、「飲む→飲む→飲む→飲む→食べる→食べる→飲む」みたいな感じです(笑)

酒率の異常な高さに驚愕ですが、今のところいたって健康体です。

 

さて、昨日はマックナゲットに埋もれた1日だったのですが、そういえば牛カツに舌鼓をうったことを書き忘れてたなぁと。

そうなんです。

かれこれこの世に生を受けてから32年間、牛カツというものを食べたことがなかったんです。

 もっぱら豚カツ派だったので、正直牛カツは邪道だと思っていた始末。

 

…という前置きはさておき、お昼前で腹ペコだったのと、たまたま牛カツ屋の前を通りかかったので「一度チャレンジしてみよう」という謎のチャレンジ精神のもとにいざ入店。

 

もうね、この時点で負けました(笑)

においが半端なくおいしさを物語ってるんですもの。

しかも、ご飯と味噌汁とキャベツおかわり自由だし(笑)

 

f:id:inagakidai:20180507232421j:plain

 

これ、やばくないですか?

肉の弾力もさることながら、ソースとの相性が抜群なんです!

和風だしとわさびのセットが個人的に最強の組み合わせでした。 

ちなみに、ご飯と味噌汁とキャベツをそれぞれ3杯おかわりしちゃいました(笑)

 

そして、帰り際にポイントカードもしっかりゲットし、今後も通い続けることを決意した私(笑)

新しい発見をした1日でした。

ではまた明日。