稲垣大輔の徒然なる毎日

東京在住、某メーカー勤務のサラリーマンが、医薬品や健康食品などの仕事にまつわる話や趣味などについて徒然なるままに書き連ねるブログです\(^o^)/

【今日はメイドの日】語呂合せの威力

こんにちは、稲垣大輔です。

今日5月10日は「メイドの日」らしいです。

5月(May)と10(ド)でメイドとのこと。

日本語と英語のコラボレーション語呂合せとはすごいですよね(笑)

 

そんなわけで、今日は語呂合せについて書いてみようかなと思います。

 

みんな大好き語呂合せ

かくいう私も語呂合せには学生時代からお世話になっています。

有名どころだと「鳴くよ(794)ウグイス平安京」とか「白紙(894)に戻そう遣唐使」といった歴史の年号は今でも覚えています。

中でも印象的だったのは「平清盛いい胸毛(1167)」(笑)

平清盛太政大臣になったのが1167年だったということなんですけど、「太政大臣」のニュアンスどこにもないんですが…(笑)

 

自作の語呂合せ…やりましたよね?

私はやりました。

それはもう自分で語呂合せの本つくって販売できるんじゃないかというくらいつくりました(笑)

ほとんど試験が終わると同時に忘れていったんですけどね。

自分しか理解できない語呂合せとかも多々あったので、そう考えると世の中で広まっている共通の語呂合せってすごいなぁと。

 

薬剤師の世界でも語呂合せはあります

薬剤師の国家試験って、とにかく覚える系が非常に多かったんです。

成分の名前、効能・効果、作用メカニズム、副作用、相互作用、法律などなど…本当に二度と受験したくないレベルで(笑)

なので、とにかく語呂合せで暗記しました。

今でも覚えている語呂合せは「どうせあっしはインド人」(笑)

自分でつくったものなので、初見では「何これ?」かと思いますが、これはDIC(播種性血管内凝固症候群)の原因となる医薬品を並べたもの。

・どうせ→ドセタキセル

・あっし→アシクロビル

・インド人→インドメタシン

・どうせあっし→どうせあたし→Douse (どうせ)I(私)→DIC

というなかなかのこじつけでつくったものです(笑)

これをなぜいまだに覚えているのかというと、その年の国試に出たんです!

「やった!1問もうけた!」とガッツポーズしたのは内緒(笑)

 

そんなわけで、メイドの日から派生した語呂合せの話、本当はもっと書けるんですけど、書き出すととまらない&恥ずかしいということがわかったので、ここでやめておきます。

みなさんの語呂合せも聞いてみたいです。

 

ではまた明日。